物件を探すための豆知識

不動産の物件の種類について

不動産の物件の種類について 不動産の物件はいくつか種類があります。
自社のものは不動産会社が賃貸として所有しているモノで 名義がその会社や社長個人になっているものです。
この場合すべての収入が会社に入るので張り切って売り込むタイプです。
また入居者からすると仲介手数料が発生しないので出費を抑えてくれます。
管理の場合は家主から管理を任されている物件で 入居者への斡旋やクレームトラブル等をまかされている不動産会社が行います。
オーナータイプはどこの会社にも管理を委託をしてい無い種類のものです。
この場合斡旋は不動産会社が行いますがトラブルはノータッチなのが特徴です。
オーナーからしてみると仲介料以外はお金が入ってくるので儲けが大きいタイプです。
入居者からしてみるとうれしく無い面があるので管理か オーナーかを判明させた上でやり取りをした方が安心です。
他社物件は管理委託等を他の同業の会社が行っている種類のものです。
会社としては儲けが少ないのであまり売り込みをしないタイプです。

物件を「差押」と言えば、不動産?

物件を「差押」と言えば、不動産? 物件を「差押」と言えば、土地や建物などの不動産が差し押さえされるということを意味します。
差し押さえされた時点では、まだ不動産が強制売却されたわけではないので、なんらかの手段をとることで、土地や建物を失わずにすむ可能性もあります。
例えば、住宅ローンを滞納したとすると、滞納が3ヶ月続いた時点になると、物件を「差押」されてしまいます。
そのまま放置していると、マイホームが競売にかけられて、売却されてしまいます。
差し押さえから競売になるまでは、3ヶ月~6ヶ月程度の期間がかかるので、その間になんらかの対策をとれば、競売を回避することができる場合もあります。
例えば、個人再生をすることで、住宅ローン以外の借金を大幅に減らし、住宅ローンについても返済期間を調節することで、マイホームを残したまま、借金問題を解決できる場合があります。
住宅ローンのように、不動産に抵当権を設定しているケースに限らず、無担保の借金であっても、滞納を続けて、裁判を起こされてしまうと、不動産を差し押さえられてしまうことがあります。
借金の返済に困ったら、早い段階で弁護士に相談をすることが重要です。